中学準備講座【新中1対象】

3年前の新学習指導要領導入以降、中学の英語は下記のように難化しました。

基本的な単語は小学段階で身に着けている前提で中1英語がスタートするようになりました。
以前は「英単語の暗記は誰でも努力次第でできること」だったのが、「ある程度は小学校で覚えているでしょ」という前提になってしまったために、以前に比べて単語の勉強に授業時間を割いてもらえなくなったようです。「英単語を覚えられない子」が以前では考えられないほど増えました。

② 同じく文法も小学段階でかなり触れているという前提で前倒しになりました。

例えば、以前は「5月まではbe動詞。6月ころからは一般動詞。助動詞canの登場は冬」だったのが、今では「lesson1でいきなりbe動詞と一般動詞の肯定・疑問・否定文が並行して登場。canはlesson2で登場」となっています。

考査で「初見の長文読解問題」が出題されることが多くなりました。

④ 上記のように知識の要求水準は以前よりも格段に上がりながら、なおかつ「話す・聞く」コミュニケーション力も以前より重視されるようになりました。

この中学の学習指導要領改訂とはうらはらに、小学英語はこの要求に追いついておらず、ほとんどの子は「コミュニケーションに触れてはいても理屈としては理解していないし、単語も覚えていない」というのが実情です
それなのに中学英語が上記のように容赦なく要求を上げてしまったために、英語で苦労する子が以前に比べて格段に増えています
この状況を鑑み、私も以前のように「中学に入ってからでも十分間に合いますよ~」とも言っておられず、中学入学前に英語をある程度身に着けておくことの有利さを痛感しています。

以上のことから、小学6年の2月~3月に「中学準備講座」と題して中学的な英語の勉強(文法を理屈で理解し、単語を覚える)をスタートし、中学入学後の英語学習でのつまずきを防ぎます。
また、数学も小学段階での基礎力が身についているかどうかで大きく差がつきます(たとえば分数の加減乗除、円や立体の面積や体積が十分にできていない子は、中学でも大きくつまずきます)ので、この機会に小学算数も総復習をかけます。

中学準備講座要項

1. 内容
中学英語の先取り(理屈を理解し、単語を覚えるという「中学英語で要求されること」をやってみる)
小学算数のうち中学への影響が大きい分野の総復習+中学数学のちょっと先取り

2. 対象

2024年4月に中学校に入学する小学6年生

3. 期日

2024年2月7日~3月27日の毎週水曜日8回
17:30~19:00(途中で5分程度の休憩)

4. 持ち物

筆記用具、ノート(横罫線のもの)

5. 参加料

2か月合計で18,000円+教材費2,000円

=20,000円(税込)

6. 申 込

当サイトの問合せページから「中学準備講座希望」とお送りください。追ってご連絡差し上げます。

7. 特 典
◆お友達を誘ってご一緒に参加の場合は、両方の方を割引価格とします。
受講料2か月で10,000円+教材費2,000円

=12,000円(税込)

◆中学準備講座から中学生コースへ継続入塾の方は、

① 入塾金免除

② 2024年度分の教材費無料

とします。

\ まずは無料体験から /

TEL. 0178-32-6262 (電話受付11:00~23:00) お問い合わせ・体験申込
目次